柴犬(子犬)の脛骨骨折(治療)

query_builder 2014/05/16
症例報告
img_6-107x300-107x300
こんばんは、フジタどうぶつ病院です。
1月に入って、気温もだいぶ低くなっているようで、
病院も平和になっています。
先日の柴犬の子犬の症例ですが、今日は治療について報告します。
ピンとワイヤーで固定しました。
骨折してから時間が経ってなかったので、比較的容易に固定することができ、接合面もぴったりと合いました。
img_6-107x300   img_7-79x300
簡単な外固定をして、翌日には退院しました。
退院後、飼い主さんはかなり苦労されたようです。退院後2-3日は足の
痛みのせいで大人しくしていましたが、まだまだ何にでも興味のある
子犬なので、4日目以降は動き回って、外固定が外れることが多く、その都度来院して
巻き直していました。2週間してレントゲンを撮ったところ、ほぼ骨は完全に
ひっついていましたので、外固定は外しました。
img_8-103x300   img_9-127x300
その後はまったく
健康なワンちゃんと変わりなく過ごし、術後4週間でピンとワイヤーを取り、
今では避妊手術も終わって、成犬となって走り回っています。
子犬の頃は骨折しても、適切に治療すれば治るのが早いのですが、
飼い主さんの管理が大変です。

NEW

  • ホームページをリニューアルしました

    query_builder 2020/07/31
  • コロナウィルスと緊急事態宣言につきまして

    query_builder 2020/04/08
  • 当院で爪切りをご希望の飼い主様へ

    query_builder 2019/12/08
  • 診療予約システムの変更のお知らせ

    query_builder 2019/07/31
  • 皮膚病のケア

    query_builder 2018/06/29

CATEGORY

ARCHIVE