柴犬(子犬)の脛骨骨折

query_builder 2014/05/16
症例報告
img_4-229x300-229x300
こんにちは、フジタどうぶつ病院です。
年末年始で休みを頂いていたというのと、休み前も休み明けも
重症な子が来て、手術や入院などで忙しかったので、ブログを
書く暇がなかなかありませんでした。
やっと落ち着いたので引き続き症例報告します。
今日は、柴犬(4か月)の脛骨(膝から足首の骨)の骨折です。
飼い主さんはワンちゃんとタオルの引っ張り合いをしていて、
強く引っ張った時に突然、「キャン」と言って、次の瞬間
右後ろ足を挙げていたということでした。
レントゲンを撮ったところ、写真のように右脛骨がらせん状に
折れていました。
恐らく、飼い主さんが引っ張った時に踏ん張ったけど、
体が回転して右後ろ脚に回転力が加わったためだと思います。
この骨折については、ピンとワイヤーで固定する手術が必要だと
判断しました。
その結果は、また次の回に報告したいと思います。

NEW

  • お知らせ

    query_builder 2022/08/04
  • 一部の価格改定に関するお知らせ

    query_builder 2022/07/01
  • 診察時間変更に関するお知らせ

    query_builder 2022/07/01
  • 横隔膜ヘルニアの子猫(続編2)

    query_builder 2022/03/30
  • フィラリア予防の開始です

    query_builder 2022/03/13

CATEGORY

ARCHIVE