猫の骨盤骨折

query_builder 2015/11/18
症例報告
image3-243x300

こんにちは、フジタどうぶつ病院です。

今日は猫ちゃんの骨盤骨折の症例を報告させていただきます。

 

お家で飼われている猫ちゃんなのですが、毎日のように外に出る子らしいです。

ある日、帰ってこないなあと飼い主さんが外に探しに出ると、近くの路地に

うずくまっていたところを保護したらしいです。この猫ちゃんは以前にも交通事故になって

上あごが真ん中で割れてしまって、手術したことがありました。

今回は腰を触ると痛がって、ほとんど歩けないとのことでした。

レントゲンを撮ったところ、下の写真のように骨盤を骨折していました。

image  中村しろLT術前

今回の骨盤骨折は、仙腸関節が(黄色矢印)外れてしまっているのと

恥骨が骨折(赤色矢印)しています。仙腸関節は腸骨と仙骨(背骨)の

関節で言わば背骨と後肢を固定している所で、歩行する上で大変重要な

役目を担っています。整復しなくても歩行は何とかなる場合もあるのですが、

骨盤腔が狭くなることで便の通りが悪くなり、ひどい便秘になることは

ほぼ間違いありません。

治療はこの仙腸関節を整復して固定することです。恥骨の骨折は固定の

必要はなく、仙腸関節を固定しておけば自然と治癒していきます。

下の写真が手術後です。

image 中村しろLT術後

 

仙腸関節はスクリューで固定し(黄色矢印)、それだけでは回転してしまうので、腸骨同士をピンで固定しています。

その後、2ヶ月後にスクリューとピンを除去する手術をして、

今は以前と変わりなく、外にも遊びに行っているそうです。

飼い主さんには、猫ちゃんは家で飼う方が安全ですよ、とお伝えして

いるのですが、どうしても行き来たがるからということで外に

行かせているらしいです。 事故に合わないことを祈るばかりです。

猫ちゃんは小さい頃から家だけで飼うことをお勧めします。

しばらくすれば外に出ること自体が怖くなって、まったく外には行かなくなります。猫ちゃんは家の中だけでいることの方がストレスなく、病気にもなりにくく、長生きすることは間違いないです。

 

 

NEW

  • ホームページをリニューアルしました

    query_builder 2020/07/31
  • コロナウィルスと緊急事態宣言につきまして

    query_builder 2020/04/08
  • 当院で爪切りをご希望の飼い主様へ

    query_builder 2019/12/08
  • 診療予約システムの変更のお知らせ

    query_builder 2019/07/31
  • 皮膚病のケア

    query_builder 2018/06/29

CATEGORY

ARCHIVE